現在、ファイナンシャルプランナーは、主に二つの系統に分けることができます。
一つは銀行や証券会社、生命保険会社等の金融機関、不動産仲介の企業などに勤務する「企業系ファイナンシャルプランナー」。
そしてもう一つは、自らの事務所を持って、独立して経営している「独立系ファイナンシャルプランナー」です。
企業系ファイナンシャルプランナーには、関わったことがある人も多いと思います。
顧客のニーズや収入を考慮しながら、自社の取り扱っている金融・保険商品や、不動産を販売するということが、企業系のファイナンシャルプランナーの主な仕事内容となっています。
商品や不動産を売るということが最終的な目的になりますから、相談料は基本的に無料です。
現在、独立系ファイナンシャルプランナーは公認会計士や税理士などの士業が、ファイナンシャルプランナーの資格を得て行っていることが多いようです。