企業系フィナンシャルプランナーは企業に所属し、企業から収入を得ています。
FP資格を取ったからと言って、資格手当など資格に対しての手当ては望めません。
企業では、商品を販売した成績によって収入が上がったり、昇格したりします。
成績を伸ばすために、フィナンシャルプランナーの資格とその知識が役に立ちますが、FP資格によって必ず収入が増えるわけではありません。
しかし、FP資格とその知識で自社の商品を売り込み、その成績で収入をアップさせている人は多くいます。
また、資格取得で条件の良い転職をしている人もいます。
企業系FPの平均年収は300万円〜2,000万円と言われています。
これは、所属する企業にもよりますので、幅が広くなっています。
独立系ファイナンシャルプランナーの年収は0〜数千万円と言われています。
独立して、しっかりとしたスキルがあっても、お客さんがいなければ収入にはつながりません。
他の仕事のかたわら、副業としてFP業務を行っている人もいますし、ファイナンシャルプランナーの業務だけで何千万も稼ぐ売れっ子フィナンシャルプランナーもいます。