FPってどこで働くの?

ファイナンシャル・プランナーのお仕事は企業に属して仕事をしているケースが多く、専門職種として認識されるようになってきたのは、ここ数年のことです。
ファイナンシャル・プランナーの仕事というのは、金融業などではかなり昔から行われていたことで業務内容を見れば目新しいものではありません。
金融業や不動産業では、顧客からの財産運用や相続問題、ローンなどの相談をお願いされることが多く、セールスに付け加えたサービスとして行われています。
ファイナンシャル・プランナーは、この様なサービスのレベルを高めるために資格制度を作ってお客様への満足感と信頼を高めるためにできた資格です。
不景気で金融に陰りが続く中で、専門の知識と資格を備えたファイナンシャル・プランナーは、資格を持たない担当者よりもずっと的確なアドバイスをもらうことが出来る安心感があります。
近ごろでは、この資格は人気を高くなっており名前ぐらいは聞いたことがある方もいらっしゃるはずです。
新聞やテレビ、雑誌などで人気のファイナンシャル・プランナーも多くなっており、親しみやすい存在となってきているでしょう。
ファイナンシャル・プランナーとして会社内で働いていた方が独立して、フリーで仕事を始めるということも増えてきています。
それほどファイナンシャル・プランナーのニーズは増え、家計の立て直しやアドバイスをもらいたいと願っているのでしょう。
ファイナンシャル・プランナーが活躍する場所は、いまでは金融業のみではありません。
いろいろな職場で活躍することが可能な将来が有望されるお仕事となっています。